オデッセイ観たよ

超良かった

火星に1人取り残された男が、地球からの迎えが来るまで火星でサバイバルする話


もともと、6人の宇宙飛行士で火星調査にきとって、急な大嵐に見舞われ地球に帰ることになったけど、主人公マーク・ワトニーは爆風で飛ばされてしまい、仲間に死んだと思われて火星に取り残されてしまう


あとでネットで調べたら、火星は大気圧が低いけんストーリーにあるような強烈な砂嵐は起きないということが原作出版後に判明したらしいけど、これは物語の根幹をゆるがす間違いやけん直されんかったらしいww


気絶していたワトニーが目覚めたら、アンテナの破片がお腹に突き刺さっていて、自分で応急処置をするシーンがあるんやけど、ここの演技がすごかった

ハリウッド俳優に全くもって疎いワイでもマット・デイモンは知ってる

痛がり方や息遣いがほんまに怪我した人のそれ

観よるこっちが痛くなってくる


ロケットはなくても、基地はあって、そこにシャワー浴びれるところや食糧があるけん、そこを拠点にサバイバルする


次に火星調査があるんは4年後なのでそれまで生き延びないかんけど、水も食糧も4年分はなかった

ワトニーは植物学者で、地球からもってきたジャガイモを育てることにした

仲間の宇宙飛行士の排泄物を肥料にして、水を化学反応で錬成させて畑作りするくだり、この映画で一番好き

TOKIOみを感じる


宇宙服なしには外に出ることもできんし、火星は平均-50℃ぐらいやけん、凍死の可能性もあるし、いずれ餓死するかもしれんという圧倒的絶望の中でも、日記として記録してる動画には、しばしば冗談をまじえながら前向きに問題に対処していってる姿が映されている

暗い映画かと思ったけど、笑えるところもあって意外と明るい内容


なんやかんやあって、ワトニーは地球の仲間と通信することが可能に!

世界中でニュースになり、ワトニーを死んだと思っていた仲間にも知らされた

仲間たちは別の任務で宇宙にいたが、ワトニーの生存を喜び、火星に向かえば宇宙滞在期間が1年半延長することも気に留めず、火星のワトニー救出に向かう


70億人がワトニーが無事に地球に帰還することを祈っていた

NASAエリートからの指示を受け、単身MAVに乗って火星から飛び立つワトニー

ついに仲間たちと生きて再会した

仲間たちからの報告を受け、地球では各国でスタンディングオベーション

歓声と紙ふぶきとハグの嵐

アメリカの映画だなーって感じ、いと素晴らし

ワトニーたった1人のために、各国のトップが協力し、一喜一憂し、無事を祈る

結論:ワトニーはヒロイン

最後の一体感は心地がいいし感動した

思わずワイおじさんもニッコリ

良い映画を観た